日記・コラム・つぶやき

春一番の素敵な出会い♪

  25日(火)sun このシーズン一番の気温を記録した北海道。

  さすがは自称?晴れ女の私。畑巡りには絶好な日和でした。札幌から特急列車に乗り、1時間の場所に私が会いたかった生産者さんの畑がある。菜の花栽培が北海道一の面積の滝川市近郊。車窓から見える景色は、残雪がちらほら。でも確実に春はやってきている。太陽がキラキラと畑に反射していて、畑の下の土も最高のコンディションになる準備中という段階だろうか。

   4月に稼働するホームページの春野菜の紹介コーナーの取材で、『雪割りなばな』という春野菜を生産している代表のふぁ~む中野・中野義治さんご夫妻の畑にお邪魔して来た。毎回感じる事は、生産者さんと実際ふれあい、栽培過程を伺うと野菜の愛情が倍増する。そして、まだまだ感動する野菜を生産している農家さんが、沢山いる事にも感動して、元気をもらって帰ってくる。栽培している素材を愛し、純粋に夢を語ってくれる目が素敵で素敵で。大ファンになってしまいました。詳細はHPが立ち上がったときに紹介したいと思います。

   ご夫妻が自宅敷地内にナタネ搾油所を作り丹念に絞った逸品を紹介します。私のサラダのドレッシングの定番油になりました!今年一番の最高の出会いになりました。春から縁起がいいかも?と幸せ感じ上手になってしまいました。Photo

育てて絞った中野の気持ち♪菜の花生産者自ら絞った愛情がたっぷり詰まったナタネ油。

P3250090_2 手土産は、春の香り『菜の花』をあしらった和菓子にしました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食について考えた一日。

関東、中部地区ではとうとう桜の開花宣言がだされました~。私の住む北海道は5月GW辺りからが開花。まだまだ。。。

最近は sunばかりなので外出するのも気持ちがいい陽気です。昨日は、札幌のお隣にある江別市までJRで行ってきました。『農を変えたい!全国集会in北海道』という集会があり、私のメルトモ&仕事のパートーナーの生産者・滝本さんが3日間参加されているので、会いに行ってきました。全国からの有機JAS農法で生産をされてるファーマーの方々が、自分達の活動報告、これからの農と食の在り方等について熱く語っていました。

P3220079_2 会場の大学にて。周りには、残雪。

P3220082_2 農産物の試食を巡る。

日本の食料自給率(自分達の食べるものを自分達で作る事)は、カロリーベースで40%と他の先進国から比べると危機的状況です。しかし北海道の自給率は、なんと200%さすが、広大な畑作面積がある農業をするには相応しいのね。北海道が元気でいなくては。。。

何だか難しい話に聞こえるようだが、私達の食べる素材を地物産に意識を持つことでも、自給率を上げる事は可能なんじゃないのかな?生産者さんは、私達(食べる側)以上に食という事に強い関心を持ち、手間隙を惜しまない栽培、意識の高い方々が多いと、実際に生産者さんと関わってから、そう強く感じる事が沢山ある。食べる側もその気持ちに応えて、日本製の農作物に関心を持たないとね。

今年の農作業はこれから。私の尊敬してやまない滝本さんの野菜も5月中旬から私達の胃袋を喜ばせてくれるんだろうなあ~。一緒に試食のブースを回ったり、フォーラムを一緒に聞いて、どんな事を感じているのですか?滝本さん。そう心の中で呟いて、会場を後にしました。早く滝本さんのアスパラが食べたいな~!

Dscf02182_4 滝本さんが作る逸品。ホワイトアスパラ。雪の様に白く美しい。北海道に桜前線が縦断する頃に収穫を迎える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)