ファーム弦・トマト農園

収穫ピークのトマト達

8月下旬になってしまいました。早いですぅ~。オリンピック観戦しながらの夏でした。

先週に、仕事で東京へ滞在していました。暑さを覚悟していったら、案外涼しくて快適♪

6月にイタリアへ行ってきたメンバーが揃った懇親会にも参加してきました。

現在販売中の加熱調理向きトマト。その広報活動を兼ねての上京です。

懇親会のお店へ送っていたトマト達がイタリアでは、超定番の夏メニュー『パンツア・ネッラ』という硬いパンを再利用するボリューム満点のサラダとなりメニューに出されていました。

P8230493

加熱調理向きですが、イタリアでは兼用に生食でも食べられています。色が鮮やかで綺麗だわ~。酸味があるドレッシングと玉葱の入ったサラダ。夏向きです。

Photo

今が旬のフレッシュなトマトをソースに展開して、この夏は、本当に本当によく食べている私。笑。料理教室のメニューは、トマト料理のオンパレード状態です。

Photo_2

今日の、お昼はソースでラグーにして食べてみました。美味しかった! おそらくイタリア人よりも、パスタを食べる回数が多い?私。ご飯も好きだけど、麺が大好きです。しかもトマト系が。笑 

販売中のトマトですが、想定外が一つ。一箱(2k入り)ですが、一度注文を下さった方が2kじゃ足りない?届くと使用頻度が高くなる?きっと魅了されちゃうのですね~。

嬉しい悲鳴です。だって、、本当に美味しいのですから。

そこで、収穫ピークを迎えた のこ時期限定でこんな企画を立てちゃいました。

このブログをご覧になって下さった方も対象です♪HPの販売サイトには、掲載ないですが。。笑

『旬な加熱調理向きトマト。今なら販売数量の倍をプレゼント』

○トマト2k詰合わせ 1,800円(送料別途) 2倍の4kが届きます。

○トマト4k詰合わせ 3,600円(送料別途) 2倍の8kが届きます。

イタリアでは、トマトの収穫シーズンになると、農家さんへトラックで駆けつけ、ど~んと家庭用に一年分のトマトソース作りをするそうですよ。

『お友達を招いて、イタリア料理なんて素敵?』

ブログをご覧になって下さった方、この機会に作ってみませんか?

数に限りがありますので、無くなり次第のキャンペーンです。期間は9月5日(金)ご予約分まで!

こちらにメールを下さいね!詳細は、メールにて対応させて頂きます。

| | コメント (0)

トマト達が順調に出荷中♪

今日の札幌は、少し風が涼しい。あれ?もう秋?いやだ~まだ夏がいい!

本州方面へ住んでいる友人達が、こんなつぶやきを聞くと、羨ましがるかな?北海道は最高の季節を迎えています!

先週からトマトの出荷がスタートしています。

今日は農園へ行って箱詰作業の様子を見てきました。

適度に熟したトマト達を収穫し、綺麗に拭きます。その後に箱に入れてもらいます。HPで販売中の商品のひとつ。

○(加熱調理向きトマト1,8㎏&有機JASニンニク200g)をご紹介しましょう!添付レシピも充実してま~す。笑

P8120340

トマトは、2品種(ともにイタリア系品種)です。大玉がビックリオ、楕円形がサンマルツアーノランゴです。これを混合して配送しています。真っ赤でかわいいですね~。

滝本農場産のニンニクは、小ぶりですがパワーいっぱい!約4~5玉入りです。これが、また絶品。

P8090308

拡大写真がこれです。ニンニクは青森県だけじゃありませんの~。滝本農場のニンニクは、見た目は、ちょいと、小型でワイルド系ですが、味は繊細でコクがありますよ~。

このニンニクちゃんが、またイタリア料理に必須的な 味なのです。

1.8㎏をシンプルにオリーブオイル、ニンニクのみで30分煮込みソースを作るとしましょう♪

P7300069

湯気で見にくい写真ですが、ソース仕込中です。

仕込みした量から3割程減ります。配送されたトマトをソースにすると約1200g。

今夜は、4人家族をシュミレーションして、夕食はファーム弦トマトでイタリア料理を作って見ましょう。

P8080276

まずは、プリモピアットは、パスタです。4人分を作ります。ラグー(ひき肉入)パスタです。

P8110331

セコンドピアット(メイン料理)は、骨付きチキンと白いんげん豆、オリーブのトマトソース煮込みにしましょっか。

4人家族で約2品食べれる量が、今回のお試しセット的な詰め合わせです!パスタオンリーだと、約8人前のトマトの量になりますよ。

6月に一緒にイタリア巡りをした友人から、早々に注文を頂きました!(Grazie !)

ローマさん(ニックネーム)のブログは、イタリア関連の記事が沢山です。4k注文をくれた彼女が、どうトマトを変身させてくれるのか?凄く楽しみ!

4kgって多い?いえいえ適量です。フレッシュトマトをソースに仕込み出来るのは、今だけですので~。お鍋があればイッキに仕込み開始。

トマト達は、届いてから約1週間は、常温保存で大丈夫な万能トマト達です。

冬までの保存食作りに最適ですよ!ねっ!ローマさん。有難うございました。

| | コメント (0)

旬なコラボが完成♪

この季節になると、ワクワクします♪

スーパーも、直売所も沢山『北海道産、露地物』と書いてある野菜達がいっぱいだから。

今日は、旬な組み合わせで、ファーム弦の調理向きトマトと旬のイカを使ったお料理をご紹介します。

サンマルツアーノランゴを湯剥きをしてトマトソースを作ります。

P8100309

現在販売中の品種です。届いたら、イッキにソースに仕上げると超便利!冷凍してストックできますしね~。旬の時期に大量に仕込みをするのは、イタリア流で~す。

P8100317

イカの内臓を取り、ゲソ部分は詰め物に使用。イカは皮を剥きま~す。詰め物の中身は、他に、エビやズッキーニ等の夏野菜。もちろんトマトも入れちゃいます。トマト、パセリとケイバーで爽やかな味を演出。

ニンニクを入れたオイルで炒め、パン粉とパルミジャーノチーズを最後に混ぜ材料の水分を閉じ込めちゃうのです。

P8100322

こんな感じですが、カットしてみましょう♪

P8100326

中身もイカの風味とトマトの酸味と濃くが最高。酸味のあるトマトソースが夏らしい。

アルコール類は、やっぱりキリッと冷えた白ワインかな?いけますよ~。笑

| | コメント (0)

トマト料理の季節。

今週の北海道は暑かった!

6月に訪れたイタリアは30~40度だったので、私には耐えられた?とても爽やかなお天気が続いた今週でした。

今週もトマト農園へお邪魔して来ました~。メルカートオッティモの夏の看板選手達。

契約栽培をお願いしている加熱調理向きトマトは3品種。うち1品種は、露地で栽培してもらっているのです。この太陽を浴びて赤くなり始めましたよ~(赤いカラーは元気が出ますね)

P8060219

ホールファインという品種(加熱調理向き)です。丸い綺麗な形です。太陽に向かって枝を伸ばす品種では無く、地生えして自分自身で伸びて行く優等生です。トマト自体の力で成長が適度なタイミングで止まるそうですよ。

ファーム弦の谷さんです。今日も笑顔で出迎えてくれました。

P8060214

谷さんは、お邪魔する度に、トマト園のトマト達の成長度合いを丁寧に説明してくれるんですぅ~。『高橋さん食べて見て~』トマトを私に分けてくれる谷さん。笑

P8060226

真っ赤に色付いたトマト達をお家へ持ってきました。左側が、サンマルツアーノランゴです。スーパーでは、缶詰として販売されているタイプです。これが酸味があって私は好きですね~。フレッシュなソースはアクも無いし、ブイヨンいらず旨味がたっぷりです!

右側の丸ちゃんは、ホールファインという露地のトマト。それでシンプルにソースを作りました。

P8080250

3品種それぞれ味が違うのです。それもそうか。笑。これも美味しかった。私のHPで現在販売中ですが、3品種混ぜっこしてお届けしま~す。お楽しみに♪

前日にお邪魔した市内のレストラン・ビストロポワルさんのメニューのパスタが夏らしく美味しかったので、真似をして作っちゃいました。笑 盛り付け度合いまで似せてしまった私。シェフの味の大ファンの私。マダムのセレクトしてくれるワイン。そしてトークも楽しく和む空間です。

P8070242

夏野菜達をカポナータに仕上げ、基本のトマトソース(上記写真)と絡めました。カポナータは作ったら、一度冷蔵庫で冷やすと超美味しいです。しかし熱いソースはパスタと絡めても絶品です。トマトの酸味が爽やか。あ~美味しかった!(再び、自我自賛。笑)

私が腕が天才なのか?トマト達の育ての親・谷さんが天才なのか?笑 とにかく、トマトは最高でした。お話の続きは、また今度。笑

| | コメント (0)

今年も美味しかったぁ~。

札幌市内から車で約1時間の場所に『Farm弦・トマト農園』があります。

今年は、生産者の谷さんのご協力によりトマト園のトマトを契約栽培をスタートさせています。雪が降る1月から数回の打ち合わせで、品種の選定などを行いました。

調理用向きのトマトを試食用を兼ねて収穫してきました。

P7290065_2

ずっしりと重たいわ~。150g前後はあります。トマト達を可哀想ですが、熱湯をくぐらせて軽いやけど状態?皮を剥いてからの調理開始です。ソース向きのトマト。早速トマトソースつくりを開始しました。

Photo_3

煮込み用には、最高なル・クルーゼ(もう愛用歴は10年以上。可愛い相棒です)のお鍋を使い、オリーブオイルにニンニクを入れて、湯向きしたトマトをざく切り状態で入れ、相性のいいバジルと一緒に煮込み開始♪15分程煮込みました。

酸味は穏やかですが、フレッシュなトマトの香り、加熱する事で増すトマトの旨味成分(グルタミン酸)が~、もの凄い主張をしています。仕上げに塩、黒胡椒を適量。

Photo_4

今日は、直売所で買って来たナスでアラビアータ風に仕上げました。

味ですか?ん~今年もやはり美味しかったです。早速、生産者の谷さんへ電話を入れちゃいました。『谷さんが天才なのか?私が天才なのか?今年も美味しいですよ~自信をもって販売しましょう!』 今年も美味しいトマト料理が出来そうです。

この季節だけの限定版。フレッシュなトマトで、北海道からイタリアの香りを~

メルカートオッティモのテーマです。笑 (ちゃっかり、宣伝しちゃいました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏本番!トマトが赤くなった!

7月後半、昨日あたりからやっと夏らしい天候が戻ってきました。

夏が短い北海道。この暑さを楽しみなきゃですね~。太陽さんが沢山出ているので、契約栽培をお願いしているファーム弦(トマト農園)のトマト達に会いに行ってきました♪

P7290017

ひゃ~だんだんと赤く色をつけているトマト達。可愛いですぅ~♪

これは、加熱調理向き(原産国:イタリア)のビックリオという品種のトマトです。大きさは、150g前後です。上の方から色を付け始めてきます。

P7290013

これもイタリア品種のサンマルツアーノランゴです。第一弾で東京のレストランのフェアーのメニューに出荷をされました。私の恩師イタリア人シェフ・ジャンルーカ先生がおいしく変身させてくれてるはずです。ソースや煮込み向きのトマト達です。

イタリアは、トマトをどちらかというと加熱をして食べる方が多いので、私の野菜販売では調理向きトマトをメインに販売する事にしました。

今日は、そのトマト達を試食用に持参する為に(購入予定の皆さん、お先に食べさせて下さいね~)自分でトマト達を収穫体験しました。

P7290026_3 

こんな感じで、台車に持参してきた籠を載せて…完熟したトマト達のみを収穫開始です。予想以上にハウス内は暑くて、、汗を流しての収穫でーす。

P7290053

収穫できたトマト達♪帰ってからソースにしなきゃ。今年も美味しいのだろうなあ~。農園に咲いていたハーブも一緒に頂いてきました。

P7290041

ブログ初登場の愛されキャラ!トマト生産者・谷さんです。私と同じ野菜ソムリエのお仲間。谷さんと今日は一緒にお昼を食べました~。収穫したてのトマトを食べ、トマト談義に花が満開状態です。(笑)優しさ度は、世界ランキング上位入賞間違いなしの谷さん。本当に来園する度に、お見送りは、車が見えなくなるまで手を振り続けるお人柄。(うっとり)

P7290006

ファーム弦のトマト君達~。真っ赤になったら食べ頃の合図。美味しく調理してあげますからね~。

| | コメント (0)