トマト販売

露地トマトが赤くなり始めましたぁ~。

お盆前後に暑さが戻ってきたせいで、露地のトマト達が赤くなり始めました!(嬉しい)

P8160747

イタリア原種のリオグランデというネーミングのトマト達です。

7月は雨も多くて日照不足。アンデス原産のトマト達にとっては寒い?環境だったんだろうなぁ~。

ボーボーの状態のトマトの葉っぱの隙間から、赤いトマトが顔を出している姿は愛らしい。(笑)

出荷真っ最中!加熱調理向きトマトのご予約はこちらです。

P8160751

どんな味わいなのかな?重さは100g前後ありました。玉もしっかりしています。

P8110674

シンプルにソースに仕上げてみました。『うわ~ぉ!酸味のパンチが効いてるぅ。』

トマトの酸味が大好きな私。好みの味わいでした!ニョッキでも作るか?

P8050610

新ジャガちゃんと合わせてみたら美味しいかも?トマトの酸味とチーズのまろやかさがいけるかも?

P8070643

完成♪ グラタン風にしました。

ニョッキ&加熱トマト&モッツアレラの競演です。

P8070650

露地トマト達の酸味は夏にぴったりかもぉ!美味しかったでーす。

毎年恒例~我が家のお盆のご馳走 『ジンギスカン』にも入れちゃった!

P8160752

加熱向き露地トマト(リオグランデ)、井上農園さんの有機玉葱(Dr.ピルシー)、滝本農場さんの有機ニンニク。自慢の野菜達です。

これが揃うと、メニューはこれしかない!(笑)

P8160764

グリル用のル・クルーゼがジンギスカン鍋になっちゃいます。(笑)

野菜が主役のジンギスカン!美味しかったでーす。

加熱調理向きトマトを焼きトマトに。コクと酸味が抜群。生ラムに巻いて食べると最高だった!

ニンニクは言うまでもなく絶品。臭いが気にならず、何個食べたかな?相当の量だった。笑

生でも食べれる玉葱(Dr.ピルシー)は、ジンギスカン向きかも!

火を通すと甘くてジューシー。軽く火を通すとシャキシャキだけど玉葱臭くなーい。

絶品な有機ニンニクは好評販売中です。お買い物はこちらから!

写真見たら、またジンギスカン食べたくなりましたぁ~。(笑)

| | コメント (0)

トマトとお気に入りのイタリアの素材

7月。太陽がなかなか出てくれなかった北海道weepでした。

8月に入って数日sunが顔を出したのです!ひやっほ~っ!

作物と一緒ですね。私達も太陽の恵みを浴びて光合成しないとねえー。笑

太陽が出るとエネルギーがわいてきませんか?笑

晴れた日。トマト達に会いに農園へお邪魔してきました。

オッティモ推奨 トマトソースに最適 加熱調理向きトマト販売はこちらです。 

P7310505

こちらは、酸味が爽やかさんのボンジョルノちゃん。ぷっくりタイプの日本品種です。

待ちわびていたトマト達とのご対面でーす。赤くて綺麗。そして大きくなったわねー。そう話かけながら、トマト達とふれあいました。

P7310509

イタリアでお馴染みサンマツツアーノ種です。酸味は穏やかトロミ具合が抜群です。

P7310501

露地トマトのリオ・グランデさん。こんにちは~♪

イタリアではソースにしても美味しいけど、ドライトマトを作るにも最適な品種なんです!

赤くなるのは、、、さぁ~てお盆過ぎ?かな? 美味しく育ってね!

早速、トマトパスタを作りました!今月のお料理レッスンは手打ちパスタをご披露。

小人数制のレッスンでーす。残席あとわずか!お申し込みはこちらです。

Photo

イタリアトスカーナ州のシエナの郷土パスタPICI(ピチ)を作りました。

パスタ生地はシンプル。強力粉と水、EXオイル、塩を入れ 手でコネコネします。日本のうどんのような感じでーす。

モチモチとした太い麺が、オッティモの加熱トマトで作ったシンプルなトマトソースと相性良かったでーす。

イタリア料理と言えば、欠かせないのがオリーブオイル達。トマトパスタ、サラダなんかにも欠かせないアイテムです。

オッティモお料理レッスンでも 現在使用しているオイル達です。

P8030526

私も訪れた事のある イタリア リグーリア州のタジャスカ種のオリーブオイル達。

種無しオリーブの実(写真:右側)も抜群に美味しいのですぅ~。

中央のは有機認証を受けている農園で育ったBIOEXオイルです。

ニンニクは、滝本師匠の今年採れたてホヤホヤの有機ニンニク。

近日中にご予約スタートしまーす!今年は雨天が多くて収穫が遅れているんですぅ。

有機つながりで、オッティモ素材でオイルとセットで紹介したいなあーと思っています。ニンニクオイルを作っておくと便利だしいー。

サラダを食べる時って、、、、市販のドレッシング派?手作り派?

私はもっぱら手作り派でーす。その日の体調によって調味料も調整出来るし~。

お気に入りのEXオイルを常備していると、美味しく安全なドレッシングが出来ますよ~。

オッティモレッスンでは、新鮮野菜にEXオイルをたっぷり使ったサラダが人気です。

Photo_2

オッティモトマトは、加熱してパスタソースも美味しいけど、意外にサラダもいけます!

トスカーナ州の郷土料理 『パンツァ・ネッラ』 

少し固くなったパンを再利用するのに誕生したレシピ。留学先のマンマの家でもたっぷり作って食べたんですぅ。私も大好物。

使ったトマトは、ボンジョルノちゃん。果肉がしっかりとして歯応えがクセになる味わい。お気に入りのEXオイルをたっぷりと使って、サラダ仕立てにしちゃいました。

おうちで美味しく出来ちゃうマンマ(お母さん)の味がイタリア料理。

イタリア家庭料理をご自宅でどうぞ♪

オッティモトマトとお気に入りのオリーブオイルがあれば。。。。出来ちゃいます。

| | コメント (2)

トマトパスタのバリエーション

restaurantイタリア料理向きのトマト 今年も、好評販売中です!

ご予約はこちらまで!メルカートオッティモショッピングサイトです。

P7041657

今年は、6月末に初収穫。昨年よりも1ヶ月ほど早くトマトが赤くなり始めました。

が、、、しか~しぃ。どうした北海道?って感じの7月のお天気。

P7041658

7月は北海道のベストシーズン。道外からも沢山の観光客の方がいらっしゃいます。

梅雨の無い北海道のはずなのに、、雨も多くて、涼しいというより、少し肌寒い。って表現の方が正しいのです。

7月の天候不順で、トマト達も赤くなるのがスロー状態。(涙)

ご予約中の皆さまへ お待たせしている状態なんです。

お野菜の都合で申し訳ないのですが、その辺はお客様も心得て下さっているオッティモファンのお客様。感謝。感謝です。

トマトには(アスパラもそうでしたが)今年もトマトレシピをお付けしています!

P7170348

09年レシピはパワーアップ!トマトパスタのバリエーション増えてまーす!

P7070085

左がボンジョルです。ぷっくりした肉厚で水分量がほどよくあって酸味も爽やか。

右がお馴染みサンマルツアーノ種です。水分量が少なくて酸味は優しい。加熱した途端にトロミが出てきて数分で美味しいソースが完成しちゃう。

1個100g前後に成長中です。(sun太陽さん!早く赤くしてね!)

Photo

湯剥きが完了しました。皮の重量は約1割程度になります。

P7070090

画像でわかるかな?皮を剥いたトマト達は、加熱でトロミを出す体制?中です。トロミ成分らしい粘質が既に表面に出ているんですよぉ~。

Photo_2

大きなバットに2つ。これで2kgのトマトの角切りが出来上がります。

ソースに仕上げてもいいし♪(ニンニクオイルで加熱してねん)

このまま保存袋に入れて冷凍しちゃっても 都度使えます。

Photo_3

シンプルなトマトソースが完成です。塩を加えると酸味とコクが増します。

Photo_4

restaurantソーセージ&ほうれん草のトマトパスタ

P7100293

restaurantトマトとモッツアレラのパスタ。

トマトの酸味にモッツアレラを入れてクリーミーな味わいに。バジルは必須でーす。

Photo_5

restaurantペンネアラビアータ

熱い夏こそ辛いパスタが美味しい!食欲をそそりそう(私も大好物)

Photo_6

restaurantルッコラ&トマトパスタ

夏になると露地物のルッコラが出回るんですよねえー。香りもいいしトマトパスタとの相性も抜群。おすすめでーす!

おっ~~と 加熱調理向きトマトを今日もまた一人。そして明日も。。。加熱トマトに魅了される人が増えているようでーす。

早くぅー太陽さん出てきて下さーーい。トマトが赤くなると幸せになる予感プンプン♪

北海道産 加熱調理向きトマトのご予約はこちらまで!

必見!もれなくオッティモ特製コンフィチュールのおまけ付きでーす!

| | コメント (0)

魅惑のトマトとおまけのコンフィチュール

7月。やっと暑くなった北海道。と思ったら、雨が降ったりして涼しい。

Photo

相変わらずトマトの魅力にはまっている私。ソース作りも意外に楽しいの♪

Photo_2

甘エビとルッコラのトマトパスタ!申し分のない、オッティモ(最高)な味わいです♪

収穫&出荷スタートしました!加熱向きトマト販売はこちらです。

そんな合間に、トマト工房とコンフィチュール工房を交互にやり始めてしまいました。

お手製のコンフィチュールって美味しいですよねえー。皆さん作った事あるかな?

P6231212

コンフィチュール素材① 何か?わかりますか?もちろん北海道産の植物です。

見た目は、山菜の蕗(フキ)を赤くしたような感じです。

P6241270

『ルバーブ』です。カットすると断面は、この様にみるみる赤く染まります。

かじる?酢っぱぁ~い!とても生のままじゃ無理ぃ。洋菓子店では人気の素材です。加工方法は果実と同じような感じでデザートなんかでお目見えしまーす。

これをコンフィチュールにしてみました。

P6251274

左の瓶が私の作品・ルバーブのコンフィチュールです。右は、ご近所の仲良しパテシエさん『Chanoshitaさんのまりさんのルバーブタルト』

甘酸っぱくて、女性人気の味わいです。私も大好き♪赤い色って元気が出ますよね。

ルバーブは、食物繊維、ビタミンが豊富。女性必見(トマトと同様ですね!)のコンフィチュールかもぉ?

先週、アスパラ販売でお世話になった滝本師匠の農場のある赤井川村へお邪魔してきました。

アスパラは今シーズンは7月15日で大好評のまま出荷を終えました!

ご購入下さった皆さま~有難うございました。来年の春までもうしばらくお待ち下さいね。

P7090158

農場への手土産です。お奨めの蜂蜜とお手製のルバーブコンフィチュール。師匠が食べていて、目減りしています。(笑)

味覚に敏感な師匠からもお墨付きをもらっちゃったscissors美味しいって。(笑)

P7090248

コンフィチュール素材② さてぇ~何でしょうか?(笑)

P7090253

今が旬の『ハスカップの実』です。これも味わいは目の覚めるような酸味でーす。

栄養成分は書ききれず。ビタミン豊富で目にもよい!とだけは言っておきます。笑

酸っぱい味わいの果実をコンチュールにして食べるの大好きい。

P7160347

ハスカップの酸味を残しコンフィチュールを瓶に詰めて完成♪

販売中のトマト達と記念写真をパチリ!

上のふくよかなフォルムは、ボンジョルノちゃん。細身がサンマルツアーノランゴ君です。

ん~ん。トマトと意外にいい組み合わせじゃない?(勝手な自画自賛)

皆さんに、試食してもらいたいなあ~っ。

よーしい!勝手に決定ぃ。この夏のトマトに『おまけ付き』でプレゼントしちゃおうpresent

数に限りがありますけど、、とにかく『オッティモトマトに、おまけ付きの試食用コンフィチュールがもれなく付いていまーす』

何が入っているか?は、試食用なので届くまでのお楽しみぃー。(笑)

加熱調理向きトマトのご予約は、こちらまで!

2kgもいいけど、売れ筋&お奨めは4kgです。トマトパスタ作りに最適です。

P7110323

今から、トマトの隙間に。。。。可愛いサイズ・試食用のコンフィチュール付きでお届けしまーす。

| | コメント (2)

魅惑のトマト♪

夏がやって来たぁーー。という実感を味わっておりますsunここ数日の私。

魅惑のトマトを食べてから…heart04 トマトって赤くて可愛いし本当に見てるだけで元気になる。

P7060014

トマトって一言では、ひとくくりに出来ないのですよぉ~。名前は『ボンジョルノちゃん』

ふくやかで丸みがある日本生まれ、北海道産の加熱調理向きトマト達です。

7月初めにオッティモトマト園にお邪魔して、このトマト達を食べてから、本当に体の調子がよくなりました!

エアコンなどでお肌が乾燥気味の皆さん。オッティモトマトを食べみてぇーー。解消されます。

この時期、私はキッチンでオッティモトマト研究所をオープンして、色々なトマトのお料理を楽しんでいますよん。

加熱調理向きトマトの販売はこちらです!

Photo

湯剥きをしたら、ニンニク&EXオイルと一緒にトマトを約10分煮込み完成♪栄養満点トマトソースです。

このソースを基本に、色々なパスタメニューが展開出来ますよん♪

P7050010

『ボンゴレロッソ』の完成scissors これは白ワインかな?笑

アサリさえあれば完成しちゃうのだ!超簡単&美味しい。ソースは勿論旨味があるけど、それにアサリの旨味がαしてえー。ヴォーノ。

Photo_3

ソースは温パスタだけじゃない!冷製カッペリーニ完成♪

トマトの色、、画像で確認できますかあ?生食で食べているトマトじゃ、この濃い色は出ません!オッティモトマトは全て完熟後の収穫でお届けしまーす。

ご存知ですかぁsign02

通常、スーパー等に並んでいる生食用のトマトは、殆どは未完熟する前に(青いまま)収穫されて出荷されています。

トマト園を出たトマト達は、市場などを巡り、私達の前に登場するときに赤くなっている。そんなカラクリがあるんですよー。

オッティモトマトは、全て完熟収穫。完熟しているトマトは栄養成分も高いのです。

Photo_4

これから旬のカボチャの仲間。ズッキーニさん。単品で食べると淡白ですね。

ズッキーニをグリルし、ベーコン入りのトマトソースを付けて食べます。うまうまでーす。

P7041689

北海道は今が旬の野菜(ブロッコリー)、それと北海道産の甘エビのトマトソースパスタ。

どうでしょうか?加熱調理トマトって優秀でしょう?笑

様々なバリエーションのパスタが楽しめます。

これからが旬の加熱調理向きトマト。8月までの期間限定でーす!

P7041667

これから段々と赤く色づくトマト達。

加熱調理向きトマトのご予約はこちらです。

今後も、オッティモトマト研究所をお見逃しなくう。笑

| | コメント (0)

お待たせ♪あの人気トマト達を収穫してきました!

初夏の北海道sun!やっぱりこうでなくっちゃ!

6月。北海道に困った事が。。日照不足です。本当にお天気が良くなかったなあーー。

今年も大人気♪ホワイトアスパラ栽培しているを師匠(滝本さん)を困らせた北海道の太陽。メールで毎日お天気のやりとりをしました。本当に心配だったなあー。

オッティモは生産者さんと共に作物を愛おしく思い、生産者さんと交流を深めながら進めています。

まだ間に合いま~す。ホワイトアスパラは7月15日でいよいよ最終です!

ご注文はこちらまで。

6月後半 やっとお天気が良くなりました!sunsun 

P6251317

お天気も良くて、気持ちいい~!

農園から連絡が入りました。『トマトが赤くなり始めましたよ~』って。rvcarを走らせました。

昨年も大好評♪加熱調理向きトマト販売スタートしました。お買い物はこちらまで!

Photo

うわ~ぉ!イタリア生まれ(イタリア原種)で北海道育ちのサンマルツァーノランゴ君です。

『昨年の夏以来。。。1年ぶりのご対面でーす!会いたかったわぁ~heart04

ピーマン型のスマートなフォルム。まさに私のタイプ (笑)

味の特徴:火を通すと、たちまちトロ~ン。パスタとよーく絡みつきます。酸味は穏やかです、旨味は申し分ありませーん。イタリアンレストランのシェフの間で人気の品種です!

Photo_2

こんな感じで伸びていますよ~。もちろん完熟で収穫をしています。

昨年は、本当にリピーターさんが多かった素材『加熱調理向きトマト達』

Photo_3

これは、日本生まれ(日本原種)北海道育ちの『ボンジョルノちゃん』でーす。

初めまして♪今年お初の登場です!

つやつやの外皮。そしてふくよかなフォルムにうっとりheart04

P7041658

まだまだ青いトマト達ですが、これから段々と真っ赤に色鮮やかになってきます。

P7041678_2

これは、ボンジョルノちゃんオンリー!赤い色って。。。パワーありますよねえー。

P7041680

こっちが、サンマルツアーノランゴ達です。ピーマン型のような楕円形が特徴です。

急いで帰らなくっちゃ!帰って調理しなくっちゃ!食べてあげなくっちゃ!

P6251338

可愛い~♪ つやつやのお肌ですぅ~。水分ありそうだなあー。これはサラダでもいけそうねえ!ボンジョルノちゃん。

『加熱調理向きトマトの特徴』 って何だかご存知ですか??笑

トマトの赤い成分リコピン)が通常の生食用のトマト(桃太郎など)と比較すると、約8倍なんですう!

リコピンって?女性必見ですよーー。美白成分がたっぷり。食べた翌日はお肌しっとりです!(私ーーーこれ実感です。そしてお客様からの同様のレポートありました。)

んーとにかく凄い栄養満点。しかもトマトの赤い色素成分『リコピン』って

『水には溶けず、油に溶ける性質があるのですぅ~』

P7031644

って事は、オリーブオイル等と一緒にとると効率良く吸収出来るって事!

オッティモが推奨するトマト達は生まれながらの秀才?(言いすぎ?)事ですわあー。笑 

P6251339

湯剥き開始♪写真は大きく見えますが、重さは70-80g前後です。

P6251340

しばらくすると、こんな感じで皮が剥けてきます。

トマトをひきあげ冷水さらし、皮を剥いて お好みの大きさにカットします。

P6251341

今日は、3種を食べ比べしました!restaurant

シンプルに、Pomodoroパスタ。味わいが一番わかるのです。

EXオイル&ニンニクで香りをつけて、角切りトマトを入れて塩で味を整えバジルを入れただけです。

食べた感想を私なりのリポートでお伝えしまーす。

サンマルツアーノ種 100% 重量:70g-80g

コクと旨味がとてもバランス取れています。加熱しても水っぽくなりません。

ん~待ってました!って味わいですねー。これでサッサっとパスタを絡めるだけで美味しいパスタが自宅で簡単に出来ちゃいます。酸味が穏やかです。酸味が苦手な方には丁度いいかも!

ボンジョルノ種   100% 重量:80-100g前後

見た目は、皮が硬い(加熱用の特質)果肉がずっしりとしていてジューシーさを感じます。

ソースにしてみたらーー。何とまあー酸味が爽やかでしょうか!私の好みは、ボンジョルノかなあー。旨味度合いも①同様に十分あります。水分量は①よりもありました。

形が安定した形なので、中に詰物をしても美味しい?と思いました。

サンマルツアーノ&ボンジョルノ ハーフ&ハーフ

昨年も2種詰め合わせをしましたが、今年のハーフ&ハーフのソースの仕上がり抜群!

双方の特徴が出ていて、酸味もバランスよくて、トロミ具合OKscissorsなんていいセレクトなのかしら!

という事で~ 今年も一言『美味しかった』です!これしか言えないなあ~。笑

初日の収穫は暑かった!冷たいパスタが食べたいなぁ~。

Photo_4

冷製パスタ完成♪

コンキリエ(ショートパスタ)で、トマトソースを作って冷やして食べました。

どう?この色鮮やかさ!火を通しても栄養成分も変らず、そして色も鮮やかなまま。

今年もいよいよスタートしました!

メルカートオッティモがお奨めする『北海道産・加熱調理向きトマト』

販売スタートしました!ご予約はこちらから

どうぞ、宜しくお願いしまーす。あー美味しかった。

| | コメント (0)